このサイトは、山田佳奈さんの ネイルスキルアップ講座の口コミ 感想 内容などの情報を公開しています。

ネイルアーティスト

ネイルアーティスト

スポンサードリンク

ネイルアーティスト

ネイルアーティストは、美容師、メイクアップアーティストと同様に、沢山の女性が憧れる職業のようです。花や星のデコレーションを使って作り上げられるネイルの世界は、女性の指先を美しく彩ってくれます。ネイルアーティストにネイルアートを依頼する時には、どのような場面に必要なネイルなのか、相談が必要です。例えば、結婚式に向くゴージャスなもの、合コンなどにしていくナチュラルで可愛いものなど、一口にネイルアートと言っても、様々だからです。目的用途に合ったネイルアートを、ネイルアーティストの方が提案してくれるでしょう。

ネイルアーティストとネイリストは、混同されがちですが、違います。ネイリストは資格が必要ですが、ネイルアーティストは資格が必要ではありません。なので、美容サロンで働いているうちに、ネイルにも興味が出て来て、ネイルアーティストに転職する人も居るようです。ネイルアーティストになる方法には、いくつか方法があります。ネイルアーティストになるには、専門学校に通い、資格を取得するのが一般的なようです。ネイルアーティストは資格が必要ではないのですが、就職をする際に資格がある方が断然有利になるからです。ネイルアーティストになりたいけれど、なかなか学校に通う時間がない。と言う方は、是非このサイトのトップページをご覧ください。
こちらでもOKです。↓
>>ネイルスキルアップ講座
ネイルアーティストになるには、細かい作業が上手く、器用な手先をしている事が最重要です。さらに、ネイルアーティストには、高いコミュニケーション能力も求められるようです。ネイルアートをしている間、お客さんとの上手な会話も、ネイルアーティストになるには、とても大切だからです。ネイルアートが素敵でも、ネイルアーティストの会話がつまらなければ、常連さんを増やすのは難しいですね。ネイルアーティストならではの悩みもあります。例をあげれば、マニキュアや除光液に含まれる強い香りで、頭痛を感じるネイルアーティストの人もかなり多いようです。そして、ネイルアーティストの収入面でも、人によってかなり差があるのが現状です。ごく一部の「ネイルアーティストのカリスマ」と言われる人は、年収数千万。小さな美容サロンの「アルバイトの駆け出しネイルアーティスト」と言われる人は、副収入程度にしか稼げません。そして、ネイルアーティストの才能がある人は、ネイルアーティストになってからも、日々の研修を欠かしません。言葉以上に、ネイルアーティストの世界は厳しいようです。

ネイルアーティストの仕事内容


ネイルアーティストの仕事内容は、一般に知られているより沢山あるようです。一枚の美しい爪を作る為には、爪のマッサージから始まり、ヤスリがけ、カラーリング、仕上げまで、ネイルアーティスト一人で作り上げます。なので、実際には、カラーリングをしている時間よりも、それまでの下地作りの時間が多くを占めるようです。ネイルアーティストの仕事は、他にも、新しいデザインを考えたり、サンプルを作る事もあるようです。新しくオリジナリティーのあるデザインを考えるのは、ネイルアーティストにとって大切な仕事です。なので、カリスマネイルアーティストと呼ばれる人は日常的に、最先端の流行を調べる努力を欠かさないそうです。流行のネイルデコレーションだけじゃなく、流行ファッションや色などを、ネイルアーティストは、熟知している必要があるからです。

ネイルアーティストの仕事内容は、それだけではありません。爪のトラブルの相談に対して、有効なネイルケアをアドバイスするのも、ネイルアーティストの大切な仕事です。巻き爪や、二枚爪、爪が割れてしまうなど、爪の問題は案外沢山あります。ネイルアーティストは、爪のプロフェッショナルとして、その原因と対処法をわかりやすく説明する事がよくあります。また、経験の浅いネイルアーティストは、すぐにお客をもらえる事は少ないようです。ネイルアートと、マッサージを兼業している美容サロンも多いので、最初はサロンの掃除や、ヘルプの仕事が多いのが現状です。ネイルアーティストの仕事は、華やかなイメージがありますが、カリスマと呼ばれるようになるまでの下積み期間は、短くないようです。

ネイルアーティストとしてのレベルが上がってくると、更に仕事が増えます。新人ネイルアーティスト研修に加え、養成学校の講師を兼業するネイルアーティストも沢山居るようです。その点でもやはり、高いコミュニケーション能力が必要と言えるのではないでしょうか。「他に仕事もあるし、ネイルアーティストとして、働くのはまだ勇気がない」と思う人は、養成コースだけでも受講してみるといいでしょう。プロとは言えなくても、日常のネイルアートに活かすには十分なネイル知識が、ネイルアーティスト養成コースでは学ぶ事が出来ます。それがきっかけになり、ネイルアーティストに転職してくるケースも少なくありません。ネイルアーティストの世界は甘くはないようですが、その分やりがいのある仕事と言えるでしょう。

ネイルアーティストの資格


ネイルアーティストの資格は国家資格でしょうか、公的資格でしょうか。正解は、公的資格です。なので、ネイルアーティストになりたいと思ったら、資格無しでも良いのです。しかし、資格を持っている事で、「ネイルアーティストとしての技能」を認められる為、就職活動も資格無しより、俄然有利になります。なので、ほとんどのネイルアーティスト志望者は、資格を取っています。では、ネイルアーティストの資格には、どんな種類があるのでしょうか。一般的に「ネイリスト技能検定」と呼ばれるネイルアーティストの資格には、1級から3級まであります。誰でも受験が出来るのが、2級と3級で、2級の検定試験に合格しないと、1級には受験出来ません。ネイルアーティストの試験は、年に2回、受験の時期があるようです。
日本ネイリスト検定試験センターにてご確認ください。
>>日本ネイリスト検定試験センター

ネイルアーティストの3級検定試験は比較的簡単で、2級になると更に細かい専門知識を求められるようです。ネイルアーティスト2級の資格を持っていると、美容サロンの求人にもかなり強力です。なぜかと言うと、美容サロンが、ネイルアーティストを募集する際に「ネイリスト検定2級以上」と限定する事も少なくないからです。それだけ、ネイリスト検定3級と2級のレベルは違うようです。そんな難しい、ネイルアーティストの検定試験を終えると、一段落着いたように感じます。が、大事なのは、その後のネイルアーティストとしての経験です。カリスマネイルアーティストの松下美智子さんが、監修と指導をしているテキストもあるようなので、ネットで調べてみるといいでしょう。

ネイルアーティストとして経験を積む為に、海外留学する人も居るようです。語学と技術を海外で学ぶのは、とても勇気の居る事ですが。ネイルアートの本場、アメリカで経験を積んだネイルアーティストは美容サロンにとっても魅力的な人材ですね。もちろん、日本のネイルアーティスト検定試験の1級は、本場アメリカと同じ位、高いレベルで行われているようです。プロのネイルアーティストの講習に通ったり、サロンで働きながらネイルアーティストとしての経験を積む事も大切です。ネイルアーティストにとって一番大切なのは、資格以上に目の前のお客さんですからね。ネイルアーティストとして大切な事を忘れない人が、本当にレベルの高いネイルアーティストになれるのかもしれません。

ネイルアーティストの専門学校



ネイルアーティストの専門学校って聞いた事ありますか。ネイルアーティストになりたいと思ったら、色んな方法でネイルの技術を勉強出来るんです。ネイルアーティストへの道その1、ネイルアーティスト養成専門学校に行く。日本全国にネイルアーティスト養成専門学校はあります。沢山のネイルアーティスト養成専門学校は、ネットで資料請求が出来てカンタン。ネイルアーティスト養成専門講師が、沢山そろっているのが良いですね。ネイルアーティストへの道その2、ネイルアーティスト養成コースのある美容学校に行く。ネイルアーティスト養成コースのある学校も、もちろん全国にあります。ネイルアーティスト養成学校とは違って、幅広く色んな美容の表現法に、出会う事が出来るので、とっても刺激になりそうですね。「美容の表現方法は1つじゃない」学科の違う学生との交流も、また楽しみのひとつ。

ネイルアーティストにちょっと憧れるな」と思ったら、気軽に資料請求する事をオススメします。ほとんどのネイルアーティスト養成学校のパンフレットは無料、調べてみて損は無いですよ。私も前に、資料請求をしまくったせいで、家中がネイルアーティスト養成学校のパンフレットだからになってしまいましたが(汗)。ネイルアーティストへの道その3、独学で勉強する。独学でネイルアーティストの技術を勉強する人も居るようです。独学で出来る人はすごいなぁ、と思うけど、一人で、もくもくと勉強するのが出来ない私にとっては絶対出来ないですね。でもやっぱり、ネイルアーティストの資格合格率は、やっぱり学校に通った方が高いみたいです。独学すると学費は安く済むけど、ネイルアーティストに重要な実技練習は、どうするんだろう?家族に手伝ってもらって練習するのかな。

ネイルアーティストへの道その4、通信教育で勉強する。ネイルアーティスト志望者の中には、家から遠くて学校に通えないって人も居るので、通信でネイルアートを勉強する人も沢山居るようです。特に、家事に忙しくて、外に長く出れない主婦さん達に人気みたいです。
こちらでもOKです。↓
>>ネイルスキルアップ講座
中には、現役ネイルアーティストが、テキストもちゃんと直して、アドバイスしてくれる所もあるらしいですよ、スゴーイ。ネイルアーティストになるには、まず資格をとるのが絶対有利ですよ。ネイルアーティストを目指してみようかと思ったら、自分に合った勉強法を探してみるのをオススメしまーす。

ネイルアーティストの求人


ネイルアーティストの求人は、かなり多いようです。ネットで「ネイルアーティストの求人」と調べるだけで、本当にたくさんの求人情報を知る事が出来ます。未経験者歓迎という会社も沢山あり、ネイルアーティストとしての技術を学校などで学んだ後、すぐに働き口が見つかるのは大きな魅力です。しかし、まったくの新人ネイルアーティストを、最初から正社員に採用してくれるサロンは少ないのです。なので、多くの新人ネイルアーティスト達は、アルバイトとして入社し、その後、正規採用されるケースが多いようです。ネイルアーティストや美容師など、美容関係の仕事は、最初からお客さんをもらえる訳じゃないので、それまでの下積みが重要です。もちろん、ネイルアーティスト経験者は、求人も多くなるので、仕事を見つけるのが簡単になります。

ネイルアーティストの技術を専門学校などで学んだ後、どこで求人を探せば良いのでしょう。一般には、新宿、渋谷、銀座などが、ネイルサロンの激戦区と言われています。その分、美容サロン同士、ネイルアーティスト同士の競争も激しいので、求人は多いのですが、厳しい社会と言えるでしょう。つまり、「他の店とは違う」とアピールする為に、ネイルアート以外の事に沢山、気をつけなければいけません。厳しい店になると、ネイルアーティストは、制服だけでなく、髪型やメイクの仕方まで、指導を受けるようです。どんな店の雰囲気、ネイルアーティストの接客、立地、客層などなど、激戦区内の美容サロンは、様々な工夫を凝らしているようです。優秀なネイルアーティストには、引き抜きもよくある事です。いくつものサロンから、引き抜きの声がかかるカリスマネイルアーティストなんてカッコいいですね。

ネイルアーティストのレベルによっては、自分で独立して開業するネイルアーティストも沢山居ます。オーナーとしての仕事を兼業する事は、その分、責任なども重くなりますが、給料が大幅に上がる為です。ネイルアーティストという職業を通して、新人養成講師、美容サロンオーナー、美容本の執筆など、沢山の可能性があるようです。ネイルアーティストの求人募集は東京、千葉、埼玉、大阪を中心に、多数あります。しかし、首都圏から離れると、ネイルアーティストの職を見つけるのは、かなり難しくなるようです。なので、地方のネイルアーティスト志望者は、大都市でネイルアートの技法を学び、そのまま就職するケースが多いようです。ネイルアーティストの仕事は、ネイルアートだけでなく、お客さんとの関わりや、会話も大切とされています。なので、接客業経験がネイルアーティストの求人募集で役に立ったという人も居るようです。どんな仕事が、ネイルアーティストの仕事に役に立つかはわからないものですね。

ネイルアーティストの通信教育



ネイルアーティストの通信教育コースは、沢山有るようです。3ヶ月から1年まで期間にも幅が有り、受講する人の好みによって通信教育のスタイルを選ぶ事が出来ます。ネイルアーティストの通信教育は、ネイルアーティスト養成専門学校が、監修している通信教育講座が主流です。しかし最近では、トップネイルアーティストが監修している通信教育まで種類も豊富です。
こちらでもそうですね。↓
>>ネイルスキルアップ講座
「通信教育でネイルアーティストを目指す人は、どうやって実技の練習するのはどうするの?」と言う人もいますが、心配無用です。ネイルアーティストの通信教育のコースには、教材や実技練習用のキットが含まれている事が多いからです。

ネイルアーティストの通信教育を受講する人は、地方に住んでいて、ネイルアーティストの養成学校に通えない人が多いようです。そして、事情が有って外に出る時間がない人もそうですね。中には、忙しい家事の合間に、ネイルアーティストの通信教育講座を受けている主婦の方も多いのだとか。家事は休憩時間が定時では無いので、自分の好きな時間にネイルアーティストの勉強ができるのは、通信教育の大きな魅力でしょう。それぞれの、ネイルアーティスト通信講座には独自の売りを持っていて、他のネイルアーティスト通信講座との差別化をはかっています。例えば、トップアーティストが監修した教材を使っているもの。24時間いつでも、テキスト内容の問い合わせを受け付けているものや、マンツーマンレッスンを実施している通信教育まで、様々です。「ネイルアーティストの通信教育を受け始めたけど、成績も思いのほか延びず、勉強をなまけがちになってしまう。」と言う人もよくいます。ネイルアーティストの通信教育は、多くの通信教育は、始めるのは簡単ですが、続けるのが難しいのでは、無いでしょうか。ネイルアーティストの通信教育の費用も、決して安くないので、気軽にあきらめるのも、もったいない事です。通信講座の難しさは、勉強へのモチベーションを保つ事だと思います。自分の期間や予算、本当に続けられるか考えた上で、ネイルアーティストの通信教育を始めるのが良いでしょう。でも実際、続けられるかなんて考えてもわからないでしょうし、とりあえずネイルアーティスト通信教育の短期間コースを始めてみるのもありですね。
こちらではあまりお金の心配はなさそうです。
>>ネイルスキルアップ講座


ネイルアーティストの高野尚子


ネイルアーティストの高野尚子さんは、高校生の頃から美容エステに興味があったそうです。当時付き合っていた彼氏の「もっと痩せて!」と言われてショックを受け、エステに通い始めたのが、美容の世界と出会うきっかけだったとか。ネイルアーティストを目指すようになったのは、随分時間が経ってからのようです。少し、悲しい理由でのスタートですが、その後すでに20年間エステに通い続けていると言うからすごいですね。ネイルアーティストとして大活躍している高野尚子さんですが、以前は自分の爪の形にコンプレックスを持っていたそうです。しかし、付け爪をする事で、爪の形がカバー出来て、綺麗に見える!と気付き、高野尚子さんはネイルアーティストと言う職業に目覚めたそうです。

ネイルアーティストの高野尚子さんは、ネイルアートだけでなく、日常の運動を沢山するように心がけているそうです。マッサージ、筋肉トレーニングに加え、ウォーキングは毎日欠かさないそうです
ネイルアーティストの仕事だけでも、随分忙しい高野尚子さん。しかし、プライベートを充実させる事も休まないのが高野尚子さんのライフスタイルでしょうか。そんな高野尚子さんは、ネイルアーティストになる前、美容系業者のOLとして働いていたそうです。人一倍、美容に興味を持っていた高野尚子さんなので、社内の誰よりも商品の事を熟知していたとか。OLを退職した後、高野尚子さんはネイルアーティストの道を目指し始めたそうです。最初は給料面などで心配も有ったようですが、沢山の練習と経験の末に、今日のネイルアーティスト、高野尚子さんがいるようです。ネイルアーティストとしても、一人のOLとしても、研究は怠らない所が高野尚子さんの大きな魅力でしょう。

ネイルアーティストの高野尚子さんは現在、「高野尚子インテグレイティッドネイルカレッジ」の学院長として活躍しています。さらに、ネイルアーティストの高野尚子さんは、「ネイディーンネイルズ」の代表取締役兼、「NAR」代表取締役としても、経営者の一面も見せています。今では、ハワイにもネイルサロンを開いていると言うから驚きですね。それに加え、本の執筆など、ネイルアーティストのカリスマともなると、その生活は多忙を極めるようです。マルチな才能を存分に発揮する、カリスマネイルアーティスト、高野尚子さんの快活で、超多忙な日々は今日も続いています。

ネイルアーティストの三浦かなこ


ネイルアーティストの三浦かなこさんは、歌手の浜崎あゆみさんの専属ネイルアーティストとしてよく知られています。そう言われてみれば、確かに浜崎あゆみさんのネイルって、いつもすごくオシャ
レで可愛いですよね。元々は、美容室のネイルアーティストとして働いていた三浦かなこさん。浜崎あゆみさんとは、共通の友人の紹介で出会ったそうです。美容院のネイルアーティストとして働いていた三浦かなこさんのネイルアートを、当時まだ新人だった浜崎あゆみさんが、大変に気に入ったそうです。浜崎あゆみさんが、三浦かなこさんのお店の常連になったのが、その後、専属ネイルアーティストになる、きっかけになったようです。三浦かなこさんが、フリーランスのネイルアーティストとして、美容院をやめたのは、それから少ししてからの事。そして、フリー活動を始めてからが、人生の切り替えとなりました。浜崎あゆみさんの専属ネイルアーティストに三浦かなこさんは大抜擢されたのです。

ネイルアーティストの三浦かなこさん、高野尚子さん、松下美智子さんなどの、カリスマネイルアーティストは、近年増えてきました。考えてみれば、カリスマネイルアーティストとして活動している人には、いくつか共通点が有るように感じます。いずれも、ネイルアートの本場、ニューヨークに留学したり、コンテストに参加し、好成績を残しているようです。やはり、ネイルアートの本場、ニューヨークの空気に触れる事はネイルアーティスト三浦かなこさんの未来にとって、重要だったのかもしれません。

ネイルアーティストの三浦かなこさんのネイルアートは、本当にアーティストティックです。ネイルアーティストの三浦かなこさんは、数年にわたって、浜崎あゆみさんを、ネイルクイーンの座に着かせる程の実力を持っています。ネイルアートにダイヤやチェーンをよく使う三浦かなこさん。三浦かなこさんのネイルアートは、プロのネイルアーティストにとっても、コピーは難しく、高い技術が必要なようです。ネイルアーティストの三浦かなこさんはネイルアート本もいくつか出版しているので、調べてみると良いでしょう。ネイルアーティストの三浦かなこさんのニックネームは「番長」と言うのは、ネイル業界では知らない人はいないでしょう。この「番長」というニックネームの名付け親は、かの浜崎あゆみさんだとか。どういう由来で「ネイルアーティスト三浦かなこ」=「番長」なのかは,正直よくわからないのですが(笑)。カリスマネイルアーティストの三浦かなこさん、その才能はネイル業界の「番長」的存在といっても過言ではないでしょう。

ネイルアーティストの給料


ネイルアーティストの給料は高いのでしょうか。ネイルアーティストを目指す上で、多くの人が、心配になるのが給料面です。ネイルアーティストとしての働き始める時は、多くの人がアルバイトとして採用されるようです。アルバイトのネイルアーティストとして経験を積み、その後、能力によって正社員に採用されるケースが一番多く、一般的なようです。ネイルアーティストの正社員に採用されるまでの期間は、短い人で3ヶ月、長い人で数年かかると言われています。時給750円で3年のネイルアーティスト研修期間なんて、生活がかなり苦しいでしょうね。それでも、ネイルアーティストの仕事が好きで、研修を重ねて努力出来る人が、最終的にネイルアーティストとして成功するようです。ネイルアーティストの給料は、最初は高くありませんが、その分、沢山の可能性を秘めていると言えるでしょう。

ネイルアーティストの給料は、最初は高くないので、OLとして就職した方が給料面では、ずっと良いように感じます。しかし、ネイルアーティストとして研修期間を終え、正社員として採用されると、一般職よりも給料は高くなるようです。しかも、ネイルアート専門のネイルサロンなら、その後、ネイルサロン店長候補になるのも、自然な事。最初はネイルアーティストを目指していたはずが、気が付けばネイルサロンの経営者として花が開いた、なんて事も、ありえるかもしれません。もちろんネイルサロン店長ともなれば、仕事量、責任などは増えますが、その分、給料は一般OLよりも、グンと高くなります。ネイルアーティストの給料は、一律に計算する事が出来ず、その人の働き方、能力などによってかなり差が有るのが現状です。

ネイルアーティストの給料は、美容師と同じように、歩合制なんて事もあるようです。いくら正社員のネイルアーティストとして仕事が決まっても、安心は出来ません。定期的に指名してくれる常連のお客さんが付かないと、給料が上がらないケースも有るからです。ネイルアーティストなどの美容業界は、その華やかな言葉以上に厳しい世界のようですね。そして、ネイルアーティストの給料の違いは、働く町や、その立地にも大きく影響するようです。例えば、ネイルサロン激戦区と言われる、新宿や銀座などは、ネイルアーティストや店同士の競争が激しい事で知られています。ネイルサロン激戦区での、ネイルアーティストの給料は高いのですが、求められる能力などが、その分厳しいと言えるでしょう。

ネイルアーティストの松下美智子


ネイルアーティストの松下美智子さんと言えば、ネイルアーティスト志望者の中で、知らない人は居ないのではないでしょうか。ネイルアーティストの最大級の大会「IBS New York Show」で、世界グランプリを受賞。しかも、スカルプチェア部門と、フラットネイルアート部門の2部門でグランプリを同時受賞したという松下美智子さん。それは、日本人ネイルアーティスト初の快挙だそうです、すごいですね。しかし、ネイルアーティストの松下美智子さんは、カリスマネイルアーティストと呼ばれるまでに、様々な苦労が有ったようです。ネイルアーティストを目指そうと決めてから、友人の手を借りて、毎日ネイルアートを練習していたり、研修を重ねる日々。そして、ネイルアーティストとして数多くのコンテストに出場。その努力の甲斐あって、様々な名誉あるコンテストで入賞し、今日のカリスマネイルアーティスト松下美智子さんが作られているそうです。

ネイルアーティストの松下美智子さんは、最初から、ネイルアーティストだけに的を絞っていた訳ではないようです。元々、エステティシャンとして働いていたのは、よく知られている事です。ネイルアーティストとしての道へ進んだのは、先輩の美容学校説明会に付き添いで行った事が、きっかけだったとか。松下美智子さんが、ネイルアートを学び始めた頃は、まだネイルアートがポピュラーでは無かったようです。しかし、ネイルアートの流行が来る!と松下美智子さんは強く感じネイルアーティストの道を目指すようになったんだとか。きっと、その時から、すでに「ネイルアーティスト松下美智子」の運命は始まっていたんでしょうね。

ネイルアーティストの松下美智子さんのテクニックを、ネイルアーティスト志望者が学ぶ方法も沢山ネットで紹介されています。松下美智子さんは、ネイルアーティストとして活躍する一方で、美容サロンの経営者、美容DVDや本の執筆者としても活動しているようです。更には、松下美智子さんは、ネイルアーティスト養成学校「シーズ・インター・カレッジ」の学院長を務めるなど、マルチな才能を発揮しています。ネイルアーティストと言う窓口から、様々な仕事にリンクしていけるのが、松下美智子さんの仕事ぶりから、うかがえますね。ネイルアーティスト志望者から憧れの存在である松下美智子さん。松下美智子さんを目指してネイルアートのスキルを積む、未来のネイルアーティスト達も、この先沢山増えてくるでしょう。カリスマネイルアーティストの松下美智子さんの将来に、期待するまなざしは数えきれません。




a:2494 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional